Angular
 

【Angular】プロジェクトの作成方法と app.component.ts の解説

       

Angularプロジェクトの作成

[事前準備] Angular CLI をインストールする

次のコマンドを実行して Angular CLI をインストールします。
※ Node.js、npmパッケージマネージャーがインストールされていない場合は事前にそれらのインストールが必要になります。

$ npm install -g @angular/cli

Angular CLI がインストールできたことを確認するには、次のコマンドを実行します。

$ ng --version

コマンドを実行後、次のような表示がされていれば、Angular CLI のインストールは成功です。


     _                      _                 ____ _     ___
    / \   _ __   __ _ _   _| | __ _ _ __     / ___| |   |_ _|
   / △ \ | '_ \ / _` | | | | |/ _` | '__|   | |   | |    | |
  / ___ \| | | | (_| | |_| | | (_| | |      | |___| |___ | |
 /_/   \_\_| |_|\__, |\__,_|_|\__,_|_|       \____|_____|___|
                |___/
    

Angular CLI: 10.0.0
Node: 14.0.0
OS: darwin x64

Angular: 10.0.1
... animations, common, compiler, compiler-cli, core, forms
... platform-browser, platform-browser-dynamic, router
Ivy Workspace: Yes

Package                           Version
-----------------------------------------------------------
@angular-devkit/architect         0.1000.0
@angular-devkit/build-angular     0.1000.0
@angular-devkit/build-optimizer   0.1000.0
@angular-devkit/build-webpack     0.1000.0
@angular-devkit/core              10.0.0
@angular-devkit/schematics        10.0.0
@angular/cli                      10.0.0
@ngtools/webpack                  10.0.0
@schematics/angular               10.0.0
@schematics/update                0.1000.0
rxjs                              6.5.5
typescript                        3.9.5
webpack                           4.43.0

Angular CLI とは

Angular CLIは、Angularアプリケーションの初期化、開発、スキャフォールド、およびメンテナンスに使用するコマンドラインインターフェースツールです。
引用元:https://angular.jp/cli

Angular CLI をインストールすることで ng コマンドが使用できるようになり、新規プロジェクトの作成、アプリのローカルでの起動、component や service の作成などが容易にできるようになります。

Angularプロジェクトを作成する

Angularプロジェクトを作成するには ng new コマンドを実行します。

$ ng new my-app


※ my-app は任意の名前で OK です。

アプリケーションを起動する

ng newコマンドでプロジェクトが作成できたので、実際にアプリケーションを起動してみましょう。
ワークスペースに移動し、ng serveコマンドでアプリケーションを起動します。

$ cd my-app
$ ng serve -o


※ -o をつけることで、アプリ起動後に自動的にブラウザが開きます。

次の画面が表示されていれば、アプリケーションが正常に起動できています。

app.component.ts の解説

ng newコマンドで作成された app.component.ts について少し解説してみたいと思います。
app.component.ts の場所は my-app/src/app です。

app.component.ts の中身は次のようになっています。

import { Component } from '@angular/core';

@Component({
  selector: 'app-root',
  templateUrl: './app.component.html',
  styleUrls: ['./app.component.scss']
})
export class AppComponent {
  title = 'my-app';
}

解説

1行目

import { Component } from '@angular/core';


Angular の Componentデコレーターをインポートしています。

3〜7行目

@Component({
  selector: 'app-root',
  templateUrl: './app.component.html',
  styleUrls: ['./app.component.scss']
})


クラスに @Componentデコレーター を付与しています。

@Component()デコレーターは、そのすぐ下のクラスをコンポーネントとして識別し、テンプレートおよび関連するコンポーネント固有のメタデータを提供します。
引用元:https://angular.jp/guide/architecture

@Component デコレーター が付与されることで、コンポーネントクラスとして識別されます。
selector、templateUrl、styleUrls などは @Component の設定オプションです。

selector

selector: 'app-root',


このコンポーネントをテンプレートHTML内で使用するときのタグ名です。

my-app/src/index.html の中身を見ると次のような記述がありますが、index.html では AppComponent のインスタンスを作成して挿入しています。

<app-root></app-root>

templateUrl

templateUrl: './app.component.html',


このコンポーネントのHTMLテンプレートの相対パスです。
html をインラインで記述することも可能です。

styleUrls

styleUrls: ['./app.component.scss']


コンポーネントで使用する stylesheet を指定しています。

8〜10行目

export class AppComponent {
  title = 'my-app';
}


AppComponentクラスの定義です。
ここでは title というプロパティが定義されています。

title はデータバインディングを使用してテンプレートHTMLで表示されています。

<span>{{ title }} app is running!</span>


title に代入した値「my-app」が画面上に表示されています。

title に代入する値を変更すると、画面に表示されている文字が変わります。

export class AppComponent {
  title = 'テスト';
}

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加