Webデザイン
 

ノーコードでユーザー体験を再現!Adobe XDプロトタイプモードの使い方

       

以前のブログでAdobe XDの便利機能について紹介しております。
こちら→Adobe XDの便利な機能とは?
今回は、その中のプロトタイプモードについて実際にECサイトのデザイン制作をしながら、ご紹介したいと思います。

Adobe XDプロトタイプモードとは

プロトタイプとは、「試作品」のことです。WEBサイトやアプリのデザインカンプをphotoshopやillustratorなどで作成することもありますが、それではアニメーションを共有することが困難です。その問題をAdobe XDのプロトタイプモードによって解消することができます!しかも、コードを記述することなく直感的にアニメーションが伴ったデザインをすることが可能になります。

ECサイトのプロトタイプを作ってみる

①デザインカンプを作成

今回はECサイトの商品詳細ページの商品画像をスライドショーにさせたいと思います。
まず、商品詳細ページをデザインモードで作成します。
※プロトタイプの使い方の説明のため、デザインの方法は省略いたします。

②リピートグリッドを適用し、任意の画像を挿入する

画像が挿入されている図形を選択し、リピートグリッドをクリックします。

そうすると、緑の枠線が出てくるのでそちらをドラッグして、同じ図形を生成します。
そして、生成された図形それぞれに画像をドラッグ&ドロップします。

③アートボードをコピーする

アートボードをコピーし、隣に貼り付けます。
※今回は画像を3つ用意したので、合計3つのアートボードを作成します。
そして、複製したアートボードの画像をずらして、それぞれ違う画像がトップに来るようにします。

以上で、準備は完了です。いよいよプロトタイプモードに入ります。

④プロトタイプモードに切り替え、アニメーションを設定する

今回はタップすると次の画像にスライドするアニメーションにしたいので、
タップするボタンをクリックし、ボタンをタップした後に表示させたい画像のアートボードに繋げます(①)。

その後、右側のインタラクションで下記のように設定します(②)。

トリガー タップ
種類 自動アニメーション
移動先 (繋いだ先のアートボード名)
イージング イーズイン
デュレーション 0.3秒

※全てのアートボードに上記の設定をしてください。

 

⑤プレビューで動きを確認

右上の三角形をクリックしてプレビューを開きます。

⑥完成

プレビュー画面でスライドショーのボタンをクリックすると、画像がスライドされます。

まとめ

コードを記述せずにデザインの段階でWEBサイトやアプリの動きを共有することができるので、本当に便利な機能だと思います。今回はスライドショーの作成方法のみ紹介しましたが、画面遷移やホバーアクション等も再現できるのでぜひ活用してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
今年のブログ更新は最後になります。皆様、良いお年をお過ごしください。
来年も宜しくお願いいたします。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加