メール
 

Gmailの送信を取り消したいときの方法と取り消し有効時間の事前設定

       

メールでGmailを使っている場合、送った後にすぐに文章の入力ミスやファイルの添付忘れなどに気づいた際に送信を取り消せる機能があります。
以前は事前の設定が必要でしたが、現在はデフォルトで5秒間だけ取り消すことができます。
5秒ですと間違いに気づかなかったりしますので、取り消しの有効時間の変更をしておくといざというときに簡単に送信を取り消すことができます。

下記がその方法となります。
1.Gmailにログイン後、右上の歯車マークをクリックし、設定を選択します。

2.設定画面の全般タブの真ん中あたりに送信取り消しという項目があります。
取り消せる時間が5秒から30秒まで選択することができるので一番長い30秒を選択し、一番下の変更を保存ボタンをクリックします。
これで取り消し有効時間の変更が完了で、メール送信から30秒間は送信の取り消しをすることができるようになりました。

3.試しにメールを送ると左下に今まですぐ消えた取り消しというリンクが30秒間表示されるようになります。

急いでいる時や、少し気が緩んでいる時に間違えてメールを送ってしまっても簡単な操作でメールの送信を取り消せるよう、普段Gmailを利用している方はぜひ試してみてください。

現在はWebシステムの構築に関わることが多いです。
他にはWebサイト構築や運用、Webサービスの立ち上げなどの経験が豊富です。
フットサル、野球、釣りが趣味のアウトドア派です。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加