AI(人工知能)
 

AIといったらPython

       

これまでAIとはどのようなものなのかについてブログを書かせて頂いておりましたが、今回はAIを構築する言語についてみていきたいと思います。
AIと言えばPythonというイメージがありますが、では、PythonはどうしてAIに適しているといわれているのでしょうか。

AI実装のプログラミングランキング

まずはAIを作成するにあたりどの言語が人気があるのか調べてみました。
第1位 Python
第2位 R言語
第3位 Julia
第1位のPythonに関しては皆さんも一度は聞いたことがある言語だと思います。AIに必要な機能を備えている言語でもあり、世界的に人気の言語でもあります。
TIOBEというサイトをご存知でしょうか?
このサイトはプログラミングの人気ランキングを掲載しているサイトで、知っている人は知っているのではないでしょうか。
こちらのサイトでもPythonの順位が上がっていますが、その原因の一つに最近はAIに関心が集まっていることも一つの要因としてあるのではないかと考えております。
第2位のR言語は統計解析向けのプログラミング言語です。
統計解析向けプログラミング言語として非常に充実した機能を持っており、データサイエンスの分野では注目されている言語のようです。
第3位のJuliaに関しては聞いたことがない方が多いのではないでしょうか。
私もこの記事を書くために調べるまで聞いたことのない言語でした。この言語は比較的最近登場したプログラミング言語で処理速度に力を入れており、動的言語の中でも屈指の処理速度を誇るそうです。

Pythonが人気な理由

AIを開発する上で必要なものと言えば、まず最初に開発のしやすさがあげられます。
Pythonが他の言語との大きな違いでよく言われることの一つとして、Pythonのコードの読みやすさとシンプル性が挙げられます。
二つ目の理由として、なんといってもPythonにはAI開発に必要なライブラリがそろっていることが人気の理由でしょう。

次回からのブログでは実際にPythonを利用して機械学習や深層学習の実装をしてみたいと思います。
次回からもよろしくお願いいたします。

現在はエンジニア、研修講師(副講師メイン)を中心に業務を行っております。
最近は趣味と言えることはあまりしていませんが、休日は友人と出かけていたり、家でテレビを見ながらのんびり過ごしています。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加