WordPress
 

WordPressの新しいブロックエディタGutenbergから古いエディタへ戻す方法

       

ブロックエディタとは

WordPressではバージョン5.0以降から投稿画面が大きく刷新され、ブロックエディタ「Gutenberg」が採用されました。
このブロックエディタというものですが、ページ内の要素をブロックと呼ばれる単位でコントロールするもので、ブロックを主体としてページ全体を装飾します。
以前までの投稿画面とはかなり見た目が違うため戸惑う方やとりあえず以前までの投稿画面を使いたいという方も多いかと思います。
個人的にはとりあえず以前までのエディタへ戻して、ブロックエディタについての知識などを深めたあと徐々にブロックエディタでの編集に慣れていくのがいいかと思います。

ブロックエディタから以前のエディタへ戻す方法

ブロックエディタから以前のエディタへ戻す方法は簡単で「Classic Editor」というプラグインをインストールするだけです。
管理画面のプラグイン→新規追加
より検索ボックスに「Classic Editor」と入力し検索し、インストールをクリックします。

インストールボタンが「有効化」ボタンに変わったら有効化をクリックします。

これで以前のエディタへ戻すことができます。

ただし、Classic Editorは2021年末までのサポートとなり、今後WordPress自体はブロックエディタ中心での機能拡張が予想されますので、ブロックエディタの概念は今のうちからしっかりと見に付けておくようにしましょう。

現在はWebシステムの構築に関わることが多いです。
他にはWebサイト構築や運用、Webサービスの立ち上げなどの経験が豊富です。
フットサル、野球、釣りが趣味のアウトドア派です。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加