ウェブサイト運用
 

Webサイトにパンくずリストを設置するメリット

       

パンくずリストとは?

パンくずリストとは、現在表示しているページが、ウェブサイト内でどこの階層にあるものかを示してくれるものです。


amazon.co.jp

左に行くほど階層が高くなり、一番右のリストが現在のページを表しています。
また、一般的にはコンテンツの上部に設置されています。

設置するメリット

1.ユーザビリティを向上させる

ユーザビリティとは以下のように定義されています。

ある製品が、指定された利用者によって、指定された利用の状況下で、指定された目的を達成するために用いられる際の、有効さ、効率及び利用者の満足度の度合い
国際標準化機構(ISO9241-11)

簡単に言うと、ユーザーにとっての”使いやすさ”ということです。

パンくずリストを設置することで、ユーザーが現在開いているページが、サイトのどの階層に位置しているのか一目瞭然になります。つまり、ユーザーが自分の現在地を把握することが容易になるのです。
他のページを経由することなく、下の階層から自分の目当ての階層まで戻ることもできるようになるため、ユーザーの負担を軽減し、ユーザビリティの向上につなげることができます。

2.SEO対策に有効

パンくずリストは、SEO対策になるとも言われています。
パンくずリストを設置することで、Webサイトの情報を収集して検索エンジンのデータベースに情報を蓄積するクローラーの巡回を助けることができるからです。
パンくずリストを設置し、クローラーがページ内部を効率よく巡回できるようにすることが、SEO対策に有効なのです。

まとめ

パンくずリストには、大きく2つのメリットがあります。

  • Webサイトのユーザビリティを向上させる
  • SEO対策に有効

どんなに優れたコンテンツを提供していても、ユーザビリティの低いサイトでは容易にユーザーは離脱してしまいますし、SEO対策が不十分では、ページを訪れてもらうことができません。
パンくずリストを設置することだけでは、Webユーザビリティ、SEO対策に十分とは言えませんが、それらを考え直すきっかけになるでしょう。
弊社では、ユーザビリティ、SEOについてのご相談もお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

Webエンジニア兼デザイナーとして勤務。
Webのデザインや運用に携わっています。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加