インターンシップ
 

インターンシップに参加しました!(ビジネス編)

       

アルバイトの藤井です。
前回はインターンシップでエンジニア体験の話をしましたが、今回はビジネス体験についての紹介をしようと思います。
ビジネス体験では、名刺の渡し方やビジネスメールの使い方、取引先へのあいさつと新規案件相談を行いました。

名刺の渡し方

名刺の交換は、交換をする前に自分の名刺を出しておき、35度ほど頭を下げて名刺を交換します。受け取った名刺はすぐにはしまわずに出したままで、席についた際は机の上に並べておくのがマナーです。
私は名刺交換を行うのが初めてだったのですが、実際にやってみてこんなに細かいマナーがあるんだと感じました。これは今後社会人になって名刺交換を行う機会が多くなるので良い経験になったと感じました。

ビジネスメール

今回ビジネス体験を行った中で大変だったのがビジネスメールです。下書きを社長に見せたら敬語が多すぎて読みにくいというダメ出しをもらいました。ビジネスメールの際は敬語が多すぎてもあまり良くないと指摘されました。
お客様に送るメールでしたので、私なりに失礼の無いようにと考えたのですが、過剰な敬語は文章が読みにくくなってしまうという理由で良くないとのことでした。
またメールでお客様に提案をする際には大量の選択肢を送るとお客様の負担になってしまうため、こちらからある程度絞って提案する必要があるという助言をもらいました。
お客様とやりとりをする場合、言葉使いは慎重にしなければいけないということが学べました。

取引先へのあいさつと新規案件相談

取引先のあいさつと新規案件の相談では動画プレイヤーの機能追加についての仕事の依頼を受けました。あいさつに伺った際にインターンシップ初日に行ったビジネスマナーを生かすことができました。この時に学んだことは、他の会社に行ってやりとりをする時は相手の会社と自社は正式名称で言う、名刺交換は初めてお会いした方がその場にいた際には、交換するということです。
自分は営業志望なので今回、他社に訪問したのは良い経験になりました。

 

体験して感じたこと

今回インターンとしてでしたがビジネスメールをしてみたり、実際に営業に行ったりしてみてお客様を相手にするのはかなりの神経を使うなと感じました。しかしこのような体験をしたことで、お客様とコミュニケーションをとることの大変さがよくわかりました。特に自分は営業志望であるため、このようなことはは貴重な体験になったと思います。

10日の間インターンシップを受け入れてくれたことをこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

 

某大学に通っているごく普通の学生

アルバイトで事務のお仕事をしています。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加