情報システム
 

Accessからクラウドに移行するときのポイント その4

       

情報システムに不可欠な帳票類ですが、Accessで便利な機能のひとつに、レポート機能があります。

Accessデータベースのデータをもとに、簡単な操作で実用に耐えるレイアウト・デザインの帳票を、すばやく作ることのできるありがたい機能です。

しかし、Accessでは当たり前に使用できるこの機能も、クラウドではもちろん、Access以外でシステムを構築する場合は利用できないため、注意が必要です。

代替手段をどうするか

たとえば、WordやExcelに出力したり、Webブラウザで表示したりする方法が考えられます。
しかし、Accessのレポート機能ほどお手軽に出力することはできず、時間と費用をかけてプログラミングする必要があります。

帳票の洗い出しをしてみましょう

現在のシステムで利用している帳票がどれくらいあるか、一度洗い出してみるのがよいでしょう。
帳票が多ければ多いほど、クラウド化の際に帳票への対応コストが大きくかさむことになります。
ほとんど使わない帳票などがもし出てきたら、この時点で断捨離してしまうのもよいでしょう。

代表の宮崎です。会社全体のマネジメントはもちろん、コンサルタント、エンジニア、研修講師としても大忙しの毎日です。忙しくて趣味の自転車に全然乗れず放置気味。いい加減メンテナンスしないと(汗

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加