SEO
 

Webサイトのhttps化の手順について【WordPress・Xserver】

       

https化の重要性

httpsとは「Hyper Text Transfer Protocol Secure」の略で、httpsプロトコルを使用してデータを安全に転送する手段で、オンラインバンキングや大手ショッピングサイト、その他の金融取引などでは昔から使われておりました。

Webサイトをhttps化することで、訪問者はWebサイトに常に暗号化した状態で接続され、サイトのセキュリティを向上させることが出来ます。

2015年あたりからGoogleやWikipediaを筆頭に通常のサイトでもhttps化の流れが始まりました。
ユーザーへのセキュリティ面でのメリットの他、SEOの観点からもhttpsが優遇されるため、https化はぜひ導入したいSEO対策の一つともいえます。

WordPressでのhttps化の手順

WordPressでのhttps化の手順は下記のようになります。

設定を間違えると管理画面にアクセスできなくなったり、リンクの評価を引き継ぐことができなくなりますので1つずつ注意しながら設定しましょう。

      1.バックアップをとる
      2.Xserverでhttpsの設定する
      3.WordPressのURLの変更する
      4.過去記事のhttpから始まる内部リンクをhttpsに変更する
      5. .htaccessでhttpsからhttpsへのリダイレクトの設定をする
      6.テーマ・ウィジェット内の自サイトへのリンクがhttpになっていないかチェックし、httpsに変更する
      7.埋め込みタグでhttpから始まるものは削除する
      8.GoogleAnalytics・GoogleSearchConsoleの設定を変更する

1.バックアップをとる

トラブル発生時にすぐに戻せるよう、テーマ及びDBのバックアップをとっておきます。
DBのバックアップは下記のプラグインなどを使うと簡単にとることができます。

WP-DBManager

2.Xserverでhttpsの設定する

Xserverで独自SSLの追加申請を行います。
「サーバーパネル」→「ドメイン」→「SSL設定」→「独自SSL設定の追加」
追加申請後約1時間程度経つとhttpsのURLが有効になります。

3.WordPressのURLの変更する

WordPressのメニューの「設定」→「一般」のWordPressアドレス及びサイトアドレスを「http」から「https」ではじまるものに変更します。

4.過去記事のhttpから始まる内部リンクをhttpsに変更する

過去の記事の中にある内部リンクや画像のソースURLを「http」から「https」に変更します。
この作業は記事を一つずつ見直していくのは大変なので下記のプラグインを使って一括で変更します。

Search Regex

5. .htaccessでhttpsからhttpsへのリダイレクトの設定をする

今後httpにきたアクセスもhttpsのURLにリダイレクトできるよう.htaccessでリダイレクトの設定を行います。
下記のコードを.htaccessに追加すればリダイレクトの設定ができます。
他のサイトに貼られた外部リンクの評価もこの設定で引き継ぐことができます。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

6.テーマ・ウィジェット内の自サイトへのリンクがhttpになっていないかチェックし、httpsに変更する

テーマやウィジェット内に直に書いてあるリンクや画像がある場合はhttpからhttpsのURLに変更します。
また、プラグインなどでURLを指定するものがあればそちらも修正する必要があります。

7.埋め込みタグでhttpから始まるものは削除する

https化したサイトからhttpのスクリプトなどを読み込むとブラウザによって対応していない場合があるので極力削除します。
どうしてもhttpから始まるURLで読み込みたいものがある場合はiframe化するなどして対応するようにします。

8.GoogleAnalytics・GoogleSearchConsoleの設定を変更する

GoogleAnalyticsではデフォルトのURLをhttpからhttpsのものに変更します。
GoogleSearchConsoleではhttps化すると別サイトとして扱われてしまうので再設定を行う必要があります。

まとめ

以上がサイトをhttps化する手順となります。
https化はすることは信頼性の向上やSEOの観点からも非常に有効な施策の一つと言えます。
少し手間がかかりますが、そこまで難しい作業ではないので特段の理由がない場合はhttps化することをおすすめします。

現在はWebシステムの構築に関わることが多いです。
他にはWebサイト構築や運用、Webサービスの立ち上げなどの経験が豊富です。
フットサル、野球、釣りが趣味のアウトドア派です。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加