Webデザイン
 

【デザイン四原則】優先順位が明確になる!「強調の原理」 

       

デザインの四原則、近接」「整列」「反復」「強調」に関しての記事です。

最後は「強調」についての話をしたいと思います。

※デザインの四原則とは?と言う方は前記事「デザインの四原則について」をご覧ください。

 

デザインの四原則「強調の原理」

伝えたい内容を他要素と違いをはっきり区別させ、視認性のメリハリをつけることで

情報の優先順位を伝える事ができます。

これが強調の原理の特徴です。(まさに上記の赤字の部分)

 

下記の比較画像を見るとどこを一番伝えたいのか、上の写真よりも一目瞭然です。

 

 

強調の原理を反映させるまでの手順

ではメニュー表に「強調の原理」を反映させてみましょう。

 

 

①読み手に伝えたい情報を抜き出す

今回映画のチケット持参すると10%引きだということを読み手に伝えたいです。

 

②強調したい要素を他要素と明確な差をつける

他の項目と差をつけるため赤枠で塗り潰しました。

 

他とデザインを対比させ、反映させる事で「映画のチケット持参で10%引き」という項目を目立たせることができ、読み手の目線を向けることができます

Before                                                                After

 

 

強調の原理でのお約束

・伝えたい要素を抜き出す(優先度の明確化)

・強調したい要素は他要素と比べ、ハッキリしてメリハリのついたデザインにすると効果◎

 

以上がデザインの四原則の一つ「強調」の原理になります。

今回を持ってデザイン四原則シリーズは終了となります。

最後まで拝読いただき、ありがとうございました。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加